• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    18世紀イギリスの歯科治療!

    今年も、残り10日余りになりましたconfident
    公私ともに忙しく、アッという間の1年で・・・年を取ると1年が速いdash

    やるべき事はやってないと、1年はアッという間・・そして一生もアッsweat01と・・
    80歳に成れば多くの人は体にガタannoyが・・健康に生きるだけで精一杯にsign01

    僕の患者様で82歳になる男性がいるんですが、28本全て歯が揃っててshine・・・
    治療してある歯は、10年前に僕が治療した1本だけsmile
    虫歯1本なく、歯ぐきは綺麗なピンク色で、歯周病もなしsun

    4か月ごとの定期健診に来院されますが、歯石、歯垢は付いてませんsign01
    歯も歯茎もピカピカですから・・当然、体もいたって健康dash!!
    80代とは思えぬ、身軽な動きでrun若々しい!・・もちろん頭もスッキリflair

    若々しい人は、血管年齢が若いと言いますが・・・

    その血管年齢が、歯周病や歯の残存数に左右される事が、分かってきました。
    虫歯や歯周病で、歯を失えば失うほどbomb動脈硬化がupwardright進むようで・・・
    若さを保つには、まず口の健康が大切shineという事です。

    イギリスでは、すでに18世紀には歯と体の専門書bookがあったようで・・

    その本には、砂糖やタバコsmokingの取り過ぎが、歯や歯茎に悪いdown事や・・
    梅毒などの性病治療に水銀が使われ・・その結果、歯が脱落してしまう事sweat02
    (毒を持って毒を制す!ってやつですねー、恐ろしいshock

    そして永久歯萌出時の激痛や発熱からの合併症でannoy死亡する子供が多かったので・・
    歯肉を切開して、永久歯萌出を助ける方法などが書かれてましたconfident

    また親知らずは、「耐えがたい痛みannoyがあるが、抜歯すれば徐々にdownwardright止まる!」と・・・
    しかし、時として抜歯後、死亡したり、大出血を起こす事があるcoldsweats02と記載が!

    18世紀にこんなに進んでたのかと、驚かされますが・・・
    中でも笑える記載はsmile「虫歯を作る虫は、なかなかeye見つからないsign01」・・

    当時、目に見える虫がいるはずだとsweat01本気で信じてたようで・・・
    歯の神経を取りだして、それを虫だと思ってたようですcoldsweats01
    確かに、幼虫のようだし、取り除くと痛みが止まりますsign01

    これは学術的には、とんでもない誤りですがsweat02・・・
    臨床的には、痛みを止める時にやってる抜髄と同じやり方で・・・
    考えようによっては、18世紀から進歩してませんねーhappy01

    1年間お世話になった皆様、本当にありがとうございました。
    来年が、皆様にとって良い年になりますよう祈っております。
    12月28日午後~1月4日までお休みを頂きます。

                       <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
    一般歯科、口腔外科

    インプラント
    歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください

    インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!