• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    産科、小児科医が足りない理由!?

    週末に、某医科大の教授と話す機会があったのですが・・・
    全国の医科大学で、学生の進路の偏りに頭を痛めているようですdespairsign01

    歯科業界でも、歯科医は増えてるのに小児歯科医の減少downwardrightには歯止めがかからず・・
    医科では、産科医、小児科医、救命医が極端に不足しています。

    皮膚科、眼科など命に係わらず、勤務時間が短く定時に帰れる科が人気のようで・・
    危険が少なく高収入拘束時間が短い3Kの診療科を選ぶ傾向が!
    この傾向はこれからも続くだろうと、言われてました。

    1:危険とは、訴訟を起こされる可能性が高い科・・産科、小児外科、外科、小児科など
    2:低収入なのは、保険点数が低い科・・小児科、整形外科、皮膚科、眼科、耳鼻科などで
      ・・・点数が低い分、多くの患者様を診る事で採算を取る科です。
    3:拘束時間が長いのは・・何と言っても産科、救急救命、外科・・
      ・・・ただ外科、産科は腕が良ければ高収入ですが、救命は多忙で低収入!

    これらを総合すると、敬遠されるのは・・・
    長期休暇が取れず、訴訟が多く、しかも少子化で先細りの科・・産科!と、
    大人の3倍の時間と手間が掛かる割には、保険点数が低い科・・小児科!、そして・・・
    最も過酷な労働なのに、収入が低く、最も嫌われるのは救急救命!という事でした。

    昔と違い国民全体がドライな考え方で、簡単に訴訟問題にannoyなりますから・・・
    医学部の学生にだけ、赤ひげ的な考え方を要求するのは・・ちと酷かもしれませんthink
    ・が・・分かっていても、学生には赤ひげ精神を忘れないで欲しいsign01

    全国に無医地区が約650ヶ所、無歯科医地区が約850ヶ所あり・・・
    小児科、産婦人科、小児歯科は、都会でも不足downし始めています。

    研修医時代には、お金が欲しくて離島や田舎の病院に行く医師はいるようですが・・・
    一人前になってしまうと、そういう場所で働こうという医者は、今では珍しくcoldsweats02・・・
    医師側の良心にだけ頼ってきた時代は、終わってしまったようですsign01

    患者様との関係が、もっともっとドライなアメリカを見てみると・・・
    信じられないような事がshock起きています。

    だいぶ前に、アメリカの医療を揶揄したドキュメント映画「シッコ」が話題に・・・
    実例として紹介されたのが・・事故で2本の指を切断annoyした大工さんの話!
    病院へいくと、それぞれの指の接合費用dollarが提示され・・どうするか決めてくれ!と・・

    大工さんは金持ちではない!・・安い方の薬指だけを接合sweat02して帰っていきます。
    えっ先生!本当に中指は手術せんの~angry、大工さん!中指はいらんの~weepって感じでした。

    「命よりお金!」なんて日本ではngありえない・・アメリカはどうかしてますthink

                     <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
    一般歯科、口腔外科、
    インプラント
    歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

    インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!