• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    歯科界で最もノーベル賞に近かった男!

    先週、京都大学の本庶佑先生が、ノーベル医学生理学賞を受賞shineしましたが・・・
    医学界では日本人5人目の快挙ですが・・・
    悲しい事に歯科医の受賞は、日本に限らず、今まで世界中に1人もいませんsweat02

    でも昔から、受賞するならこの人だろう!と言われてる人物がスウェーデンにいました。
    残念ながら、4年前85歳で他界しましたが・・その人の名は、ブローネマルク教授sign01

    彼は、科学的な裏付けがあるインプラントを始めて臨床応用した人です。
    約60年前、チタンが拒否反応なしに骨と結合する事実を発見flairし・・・
    50年前に、それを先天性歯牙欠損症の青年にオペしました。
    この青年は、亡くなるまでこのインプラントを使ったそうです。

    我々が、インプラントを治療に使えるのは、この教授のお陰でconfident・・・
    彼が、ノーベル賞を取るのは歯科界の悲願でしたが・・残念ながら実現しませんでしたweep
    生前には、「ちょっと変わり者だから無理だよ!」と陰口をたたく人もいましたが・・・!

    僕は、30年前、この教授が開発したブローネマルクシステムを学ぶため・・・
    スウェーデンのイェテボリやマルメにairplane3度行きました。
    当時は、このシステムがインプラントの最高峰で、熟知した先生はスウェーデンに多かったんです。

    今では、その勢力図はアメリカやドイツ、スイスなどに、すっかり変わってしまい・・・
    もちろん日本製もあるんですが、日本車と違いお勧めできる製品はありません。
    最近では、中国製や韓国製も出てきて使ってる先生もいますが・・・
    正直、僕はまだまだ怖くて使えませんcoldsweats02

    それでも今は、僕がインプラントを始めた35年前とは違い、格段の進歩notesで・・
    骨との結合が遥かに良くなり、審美的にも歯と区別がつかないほど綺麗な治療ができます。
    分かりやすく比較すると・・50年前の日本車と今のハイブリット車ぐらい違いますsign01

    インプラントを成功させるための、機械や道具もたくさん出来ていて・・・
    手術をするのに、昔はオペを始めてみないと分からなかった骨の状態も・・・
    CT を撮ってオペのシュミレーションまで出来るんですから・・楽になりましたhappy01

    それだけ昔に比べて失敗しなくなったshine!はずなのですが・・・
    残念ながら、昔より失敗のニュースを、よく耳にするようになっています。
    ただこれは、決してインプラントの製品的な問題ではありません。

    あくまで治療する側の経験、勉強不足downが原因です。
    インプラントをする先生は、しっかり勉強、訓練した後にメスを握る責任がありますねthink

                     <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
    一般歯科、口腔外科、
    インプラント
    歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

    インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!