• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    フッ素入り歯磨き剤の害!

    先月、中国で国際フッ素学会が開催されて・・・
    フッ素被害についての演題発表が、相次いだようです。

    日本、欧米だけじゃなく、発展途上国も多数参加notesして・・・
    飲料水や食物からのフッ素害や、空気汚染からの害が話し合われました。

    欧米では、水道水をフッ素化してる国や自治体も多いのですが・・・
    日本では、まだいくつかの自治体で導入を検討してる段階です。

    歯科医師会では、導入を推奨してる先生も多いようですが・・・
    僕は、以前から水道水フッ素化には反対thinkしています。

    フッ素化しても体への害は無いgoodと言われてきましたが、どうやらdownそうとも言えないようで・・

    今回の学会で注目点は・・歯や骨への影響ではなく・・・
    非骨性臓器である脳、胃腸への影響や、精子、ミトコンドリアへの影響で・・・
    何よりも、脳への影響annoyが真っ先に出現するそうです。

    フッ素は、フッ素イオン単独では殆ど吸収されませんが・・・
    フッ化水素という形でなら、たった0.01秒という速さでdash全身を駆け巡ります。

    この学会の発表で・・・
    フッ化水素がどう発生するかを知って、心底ゾッshockとしました。

    フッ化水素は・・・フッ化ナトリウム塩酸が反応して発生annoyします!
    ここまで聞いただけで、なるほどshineと思う人は、かなり物知りです。
    なんのこっちゃ?!と思うのが普通です!!

    詳しく説明すると・・・
    実は歯磨き剤に含まれるフッ素は、フッ化ナトリウムという形で混入されています。
    感がいい人は、もうここで分かるのでは?!

    胃液は強酸annoyだという事は、皆さんご存知のはず・・・しかも塩酸です。

    つまり、歯磨き剤に含まれるフッ化ナトリウムと、胃液の塩酸が反応してフッ化水素がcoldsweats02・・!
    ということは、一部の歯科医が推奨しているような・・・
    「フッ素の効果を高めるため、歯磨き後にうがいは止めましょう!」なんて・・とんでもない事ではsign02

    僕は、歯磨き後にはしっかり濯ぐようにしていますthink

    虫歯防止と脳の健康と、どっちが大事ですかsweat01?!という話しで・・・
    食後の歯磨きは、歯ブラシでしっかり磨いてれば、歯磨き剤はどれでもいいと思います。
    きちんと磨けば、虫歯はフッ素入りを使わなくても予防できますsign01

    これを読んだ皆さん!・・ぜひ、しっかり気が済むまで口を濯いでくださいねhappy01

                     <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
    一般歯科、口腔外科、
    インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

    インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!