• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    重要な転換期80歳を乗り越えよう!

    寒中お見舞い申し上げます。今年もよろしくお願いいたします。

    皆さんは、8020運動・・・一度は聞いた事があるのではsign02
    80歳で20本以上の歯を残す目標で、歯科医師会が始めた運動ですが・・・
    この運動が始まって30年sign01

    30周年を記念して、日本歯科医師会が歯科業界の映画を撮影movieしたんですが・・・
    その映画が、なんとモナコ国際映画祭でグランプリshineを受賞しました。
    日本では来年の2月15日から公開されるそうです。

    青春映画らしいので・・普段、僕は全く観ないジャンルですが・・・
    公開になったら、行ってみようと思いますdelicious

    話は8020に戻りますが・・人間の歯は親知らずを除くと、28本なので・・・
    8020とは、80歳で8本が抜けた状態という事になります。

    統計的に、早く抜けやすい歯を8本選択してシュミレーションすると・・・
    上下左右の大臼歯2本ずつ、計8本が抜けるという事になります。
    もしこの8本が抜けると想定すると・・・咀嚼効率は30%以下になってしまいますcoldsweats02

    このように、抜ける歯の部位によっては、20本残ってても満足に噛み砕く事はできず・・・
    どうしても、入れ歯インプラントなどの補助が必要になります。

    では、8020は達成できてるのでしょうか?
    実際には、程遠い状況で・・やっと80歳で10本が達成されそうなのが現状ですsweat02

    実は高齢者は歯が少なくなってくると、誤嚥性肺炎を起こしやすくなります。
    人間は、自分の口から食事をし、自分の足でトイレに行けてる間は元気ですが・・・
    肺炎を起こし、口からの食事ができなくなると、あっという間に衰弱downしてしまいます。

    高齢者が一度衰弱すると、体力の回復は本当に難しい!

    僕の母が85歳の時、ちょうど20本の歯が残っていましたが・・・
    その後、骨折をしたり誤嚥性肺炎を起こしたりして90歳で亡くなる時には・・
    1本の歯も残っていませんでした。

    人間は、一般的に80歳前後で大きな体力、免疫力の転機downを迎えます。
    皆さんも皆さんのご両親も、歯科医院へ行ける間にきちんと治療して・・・
    出来るだけ長く、自分の歯で食事ができる状態にしておいて下さいconfident

                     <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
    一般歯科、口腔外科、
    インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

    インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!