• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    電子タバコでも発癌性は同じです!

    最近1ヶ月で、2人も白板症と思われる患者様が来院しました。
    通常、年に1回ぐらいしか診る事がないのに・・・!

    白板症というのは、前癌病変といわれる組織変化が口の中に現れた状態で・・・
    まだ癌ではありませんが、癌に変化しやすい組織形態が発生してる状況を言います。

    口腔粘膜が肥厚して、白く変色しますが・・・
    他に何の症状もないので、自分で気が付く人は殆どいません。

    白板症の大きな原因は・・慢性的な刺激!特にタバコsmoking!!
    来院した白板症の患者様は2人とも男性で・・1人は1日1箱タバコを吸い・・・
    もう1人も1箱喫煙者でしたが、最近になって加熱式電子タバコに変えたそうです。

    2人には、すぐにタバコを止めるよう警告しましたが・・・
    電子タバコを吸ってる患者様は「タバコじゃないから!」と高を括ってました。

    実は電子タバコが無害というのは、喫煙者の幻想でしかありません。
    電子タバコにはプロピレングリコールという溶液を使うんですが・・・
    この物質は、加熱するとプロピレンオキサイドという発癌性物質に変化します。

    また加熱した時に出る煙(エアロゾル)は、ニッケル、クロムなどの重金属bombを含み・・
    PM2.5PM1も、紙巻タバコの数十倍も多い!
    本当に、紙巻タバコより害が少ないのか疑問です?!

    ある先生によると、電子タバコのシェアの78%が日本人だそうで・・・
    日本は、電子タバコの実験場になってるという事でした。

    紙巻だろうが電子タバコだろうが、発癌性impactがあることには変わりありません。
    白板症から口腔癌のリスクがある以上、タバコはきっぱり止める事をお勧めします。

    口腔癌は、全ての癌の中で患者様を一番精神的に苦しめる癌です。
    顔面や舌の切除により、オペ後にQOL(生活の質)downが著しく低下します。

    タバコはあらゆる癌や歯周病の原因!・・歯科医としては辞めて欲しいのですが・・・
    吸うのは愛煙家の権利で、害は自己責任なので・・強く注意はできませんweep

    しかし紙巻の副流煙と電子タバコのエアロゾルは、吸ってる人以上に周りの人の健康をbomb害します。
    どうか愛煙家のマナーとして、子供達や妊婦さんの近くでは吸わないで下さい。
    副流煙やエアロゾルは、吸ってる本人の煙より遥かに危険ですthink

                              <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
    一般歯科、口腔外科、
    インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

    インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!