• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    福島原発の菅元総理VSコロナの安倍総理!

    「ああ~、映画が観たい!」

    自粛、自粛で・・映画好きの僕には辛いと思いつつ、かれこれ3ヶ月半近くも我慢・・

    「もういいだろう!」と勝手に判断し、先週久しぶりに映画館へ

     

    3月に封切られた映画ですが、自粛で観逃してたFukushima50が再上映してて・・

    渡辺謙と佐藤浩市のダブル主演も魅力ですが・・当時、ニュース映像を観てた者にとっては・・

    吉田所長や現場の勇姿と、イラ菅や官邸の情けない姿との対比が当時と同じで面白い

    平日休みの木曜日に、さっそく行ってきました

     

    マスク着用は必須ですが、椅子もトイレも一つ置きになってしまった館内で・・

    客は、ぽつんと僕1人

    貸し切り状態は、僕の長い映画歴でも初めてではないかと・・

     

    久しぶりのせいもあって、楽しかったー

    映画は、実際にあったシリアスな内容でしたが・・・

    今の政府の情けないコロナ対応とかぶって、感動と同時に政治不信が深まりました

     

    あの時、菅元総理の浅はかな行動が、世間を賑わした事を思い出しました。

    「日本の原発事故での最大の不幸は、この時の総理が菅直人だったことだ」と海外で報道され・・

    民主党没落のきっかけになりました。

     

    緊急時における、官邸の危機管理能力の大切さが身に染みた事故でした。

    その後、政権は交代しましたが・・・

    今回のコロナで分かった事は、相変わらず危機管理能力がない・・9年も経ってるのに

     

    福島の時は、現場の東電社員や住民に助けられ何とかあの程度で済み・・・

    コロナでは、医療従事者の自己犠牲と、従順な国民に救われ・・・

    政府の頼りなさばかりが、目立った2つの事件

     

    今回、唯一の救いは、一部で若い指導者が台頭した事です

    この際、思い切って、こういう若手に日本を任せてみたらと思うのは僕だけ?

    自己利益を捨て、国と国民の為だけに働く本物の政治家!・・見たくないですか?!

    もう、金と自分にしか興味が無い、爺さん達の時代は十分です

     

    今や変化とスピードの時代・・昭和の忖度と調和では、外国に置いて行かれます

    生まれた時から携帯やタブレット端末の中で育った人間の時代!

    昭和の我々とは、頭の回転もアイデアも全然違います・・

     

    現代社会は、初めての事故や災害ばかりが起こる時代ですから、

    経験で判断する昭和の指導者では役に立ちません。

    データとエビデンスを基に素早く判断する若手と、私欲の無い相談役が1人で十分!

     

    いつの日か、政治家が自分の考えと言葉で国会答弁をする姿を見てみたいものです