• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    歯の治療中に飛行機に乗る時は・・・鎮痛剤を持って!

    5月に、ハワイに行くairplane患者様が・・・「急に歯が痛くなった!」と来院!

    お孫さんが、ハワイに住んでて、遊びに行くそうですyacht・・・いいなー!

     

    レントゲンを撮ったら、歯根の先に膿が溜まってて、満杯に!

    さぞかし、痛かったことでしょう・・・これだけ溜まると神経を圧迫します。

    早速、被せ物を外して、膿を出しました・・・

    歯根に穴を開けたとたん・・・ドクドクと溢れ出てきましたsad

     

    膿さえ出れば、痛みはスーと引きますcoldsweats01・・・

    本当にホッとした顔で、帰って行きましたconfidentが・・・問題が・・・?!

     

    このお婆ちゃん、5月の始めにハワイへ・・・と言う事は、飛行機airplaneに!

    実は、こういう歯根の治療(根管治療)の時、飛行機に乗ると・・・

    上空で痛くなる事がshock多いんです。

     

    何しろ、10,000m上空ですから・・・気圧が極端に低いdownwardright・・・

    ということは、少しでも気体が根管内に残ると、膨張しようとします・・が

    通常、根管治療の時は、上から密閉しますから・・・

     

    残った気体の膨張で・・・激しい痛みが!

    皆さんも、歯科治療中に飛行機に乗る時は、気を付けてくださいねcoldsweats01

     

     

                              <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>

    一般歯科、口腔外科

    インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

    インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!