• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    口腔ケア意識の世界比較!

    子供の虫歯はdownwardright減り続けてるようで・・・
    12歳児の虫歯数が・・・ついに1本を切り・・・0.9本shine
    昭和60年には、平均4.63本だったので・・・30年で3.73本減った事にdown

    本当に、最近の子供達には虫歯を見かけなくなりましたが・・・
    12歳児で虫歯が0.9本という数字、実は・・・先進国では最悪shock
    スイスやオーストラリアの約20年前と同じ数字です。

    実は30年前、子供の虫歯数は先進国どころか、途上国と比べても最悪sweat02だったんですが・・・
    やっと最近になって世界基準をクリアhappy02

    でも大人は、まだまだ世界的にみても珍しいぐらい虫歯歯周病 も多く・・・
    虫歯と歯周病は、未だに日本人の国民病coldsweats02と言われています。

    なぜ日本の大人達は、口の病気に罹ってしまうのか?

    もちろん最大の原因はブラッシング不足で・・・
    今でも、1日1回しか磨かない人が、結構多いのには驚きます(男性の30%もsweat01!)

    日本人は、歯磨きの回数、質ともに諸外国より劣っていてdown・・・
    まだまだ歯磨きにかける時間は、諸外国の半分以下で・・・1日2~3分程度weep

    先進国では当たり前の、フロス歯間ブラシのような補助用具は・・・まだまだ少数派sign01
    しかも正しく使ってる人は・・・もっと少数!というのが現実ですthink

    こんな事を言ってる僕自身・・・歯医者なのに、一般のアメリカ人より磨いてないcatface
    30年前、アメリカの大学に通ってた頃、ルームメイトのトムがよくフロスを使ってて・・・
    デートの前heart04などは、大変な時間を掛けて歯磨き、フロス、リンスを繰り返してました。

    この差は、現在の日本と欧米の間でも、まだまだで・・・
    残念ながら、口の健康維持に対する意識は・・やっと世界平均に追い付きつつあるかなーsign02
    ・・・というところでしょうかcoldsweats01?!

    実際、アフリカや中近東でも日本より、虫歯が少ない国はたくさんあって・・・
    ガーナなどは、12歳でなんと1人0.1本・・・日本の0.9本ですから・・・

    これは「アフリカでは、甘い物も無いから!」とかいう安直な理由ではなく・・・
    あくまで、口の健康に対する意識flairに差があるようです。

    1:昔から日本食は軟らかく、年配者に優しくriceball、歯が無くても食べられますが・・・
      欧米では、硬い肉と硬いパン、生野菜ですから歯が無いと不自由します。

    2:欧米人にはキスをしたり、頬ずりをする習慣があり口臭bombが気になりますが・・・
      対して日本人には、昔から人に近づく習慣がありません。

    3:日本人は口が閉じにくく、口呼吸の人が多いんです。
     (口呼吸は鼻呼吸の何倍も、虫歯や歯周病になり易い。)
      口の骨格が前突で歯が出てたり、鼻が悪かったりして、口が閉じ難い人が多いsweat02ようです。

    近年、歯の健康とon体の健康が直結してる事が、証明され始めました。
    健康で長生きのためにも、もう少し口腔ケアの意識を高めましょうhappy01!!

               <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
    一般歯科、口腔外科

    インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
    インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!