• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    10年後、インプラントの禁忌は無くなる!

    インプラント が根本的に変わろうとしていますsign01
    今までインプラントの材料は、純チタン+酸化チタンが主流でしたが・・・
    ジルコニアが材料として、脚光shineを浴び始めています。

    実際、一部で商品化されたジルコニアインプラントも有るんですが・・・
    まだ、臨床実績が十分ではないのでcatface・・・
    チタンで十分な結果が残ってるgood以上、まだチタンを使った方が賢明think

    多くの会社が商品開発してるので、数年でより洗練されたインプラントが必ず出ますsign01

    僕がインプラントをやり始めた30年前には、選べるほど商品がなくdown・・・
    ブレードタイプや人口サファイヤなど平たい形sweat02をしたものや・・・
    サブペリと呼ばれる、自家製bombのインプラントをやる先生までいて・・・
    いま考えると、ぞっとしますshock

    インプラント はかなり精密で複雑な構造、しかも極端な耐久性punchが必要で・・・
    自家製インプラントannoyなんてありえないangry!・・・現在では常識ですが・・・
    当時は、科学的なマニュアルすらなく・・・世界中の先生が手探り状態sweat01でした。

    当然、失敗率が高く2~3年で、ダメにdownなるケースも・・・
    そこで世界中の先生が、失敗ケースを持ち寄って改良・・・僕もスウェーデンへ行きました!
    形や材料、表面構造などが、医科学的に裏打ちされ現在のようなインプラントにsign03

    現在では、どのメーカーもそれほど変わりはなくconfident・・・
    トヨタや日産、ベンツに大差はないのと同じで・・・10年は機能します。
    ただ、20年以上になると、差がcoldsweats01・・・そこも車と同じsign01
    ちゃんとした先生にちゃんとしたインプラントをしてもらえば・・墓場まで持っていけます。

    今はインプラントの99%がチタン製です。
    チタンは金属の中では、丈夫で腐食しにくく生体親和性が高いためインプラントには最適・・・
    ・・ですが、金属色のため、歯茎の外に透けて黒く見えたりweep・・・
    骨としっかりくっ付くまで時間が掛かるcoldsweats02(3~6ヶ月)欠点があります。

    もう一つ、一番気になるのが金属アレルギーsign01
    チタンアレルギーは非常に少ない・・・でも0.5%前後の人が持っています。

    ジルコニアは硬くて無色なので、歯茎が黒くなることもなく、
    組織親和性が高いので骨と付くまでの時間が短くて済みます。
    酸やアルカリで腐食せず、体内でも安定してるのでアレルギーも少ない

    インプラント の材料としては、最高の素材flairではないでしょうか?!
    今までインプラントが骨に付き難かった患者様には、楽しみな材料ですsign01

    例えば、骨粗しょう症や糖尿などの持病がある人!
    また骨の量が少ない患者様は、人口骨で骨を作ってからsoonインプラントオペをしますが・・・
    骨に接着しやすい素材なら、骨の作成とインプラントオペを同時shineにできる・・
    患者、術者ともに楽ですsmilesign01

    さっき僕がサイナスリフト(骨を足す手術)した患者様も、10年後なら・・・happy01sign02

               <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
    一般歯科、口腔外科

    インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
    インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!