• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    先進国のインプラント、入れ歯事情!(院長)

    日本は、今や世界でも屈指の長寿国!・・・でもほんの50年前は違ってましたthink
    僕の祖父は65歳で亡くなりましたが、60歳の時にはすでにお爺さんの顔shockで・・・
    父が80歳の頃と、同じ程度の年寄りに見えましたconfident

    長寿と共に伸びたのが、歯の寿命upwardrightで・・・
    日本人は、年代別で虫歯数を比べると、どの年齢も諸外国より多いsweat02のですが・・・
    総入れ歯になる確率は低く、75歳での平均残存歯数が約14本(歯は28本)・・半分が残ってます。

    先進諸国のなかでは、ダントツで総入れ歯になる確率が低いshineんです。
    これには、隠れた理由があります。

    なにも日本人が外国人より歯を磨くわけでも、栄養が良いわけでもありませんsign01
    理由は・・・皆保険!
    日本人は、歯が悪くなれば直ぐに歯医者へ行きますが・・・他の国ではそうはいきません。

    アメリカなどは治療費がdollar高くて、歯科医へ行けない人の方が多く・・・
    当然、放っておいて悪くなり抜歯、あるいは残す治療より抜く方が安いので抜歯・・・
    実に70歳のアメリカ人の総入れ歯率は約30%・・・日本人の3倍ですsign03

    アメリカでは治療費が高いため、残すための治療より抜歯を選ぶ人が多くweep・・・
    若い人達の部分入れ歯も、よく見かけますsign01

    では日本同様に、保険制度が整ったヨーロッパではどう・・・?
    確かに保険制度は整ってるんですが、そこには歯科医のスキルと制度の問題がthink・・・
    日本の歯科医のように、全ての分野の治療を手掛ける国はあまり見たことがありませんsign01

    ほとんどが、専門医制度を取っていて・・・
    詰める程度の軽い処置をする一般医(GP)と、分野別の専門医に分かれています。
    日本の歯科医のような、入れ歯も作るし抜歯もやる歯科医はいません。

    例えば、インプラント はははは手術をやる先生と被せる(補綴)先生とは別々です。
    ですから、よくあるのが・・・責任の擦り合いweep

    インプラント が上手くいかなかった時・・・
    外科医は「被せ物が悪いから、ダメになったangry」と言い・・・
    補綴医は「オペが下手だから、ダメになったangry」と・・・醜い争い!よく見かけますsweat02

    メンテまで全ての治療を、1人でやる日本では・・・あまり見かけませんsign01
    全責任は自分で!!・・・でも日本にも、患者様にとっての大きな問題sweat01が・・・
    それは、十分なインプラント の技術と知識を持ったプロが育ちにくいことsign03

    インプラント はオペをやるだけでも、大変な知識と技術flairが必要ですが・・・その上・・
    日本人の顎骨は世界中で一番細く薄い・・・最もオペが難しいdashんです。
    なのに、被せ物からメンテまでやるとなると・・・相当な努力と経験upが・・・

    その辺の苦労話は、また次回happy01・・・

               <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
    一般歯科、口腔外科

    インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
    インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!