• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    時々吸うタバコ、ずっと体内にある金属・・・どっちが恐ろしい?

    ビックリしましたねーwobblysweat01あの大きな穴newmoon!!
    朝、仕事に来たら職場のビルが封鎖され、警察官が何十人も出ててsweat01・・・

    「道路が陥没なんて、中国みたいだなーcoldsweats02?」と誰かが言ってましたが・・・
    確かに、韓国や中国のニュースではよく見かける景色ですが、まさか福岡で起きるとはcoldsweats01?!

    火曜日は、避難勧告が出たので、仕事が出来ませんでしたdownが・・・
    幸い深江歯科は、水も電気も排水もネットも、ライフラインは全て無事でhappy01・・・

    ご迷惑をお掛けしましたが、昨日から通常道理に仕事を始めましたconfidentsign01
    逆に昨日は、火曜日に休んだ分だけ、忙しくdash働きましたcoldsweats01

    話は変わりますが・・・
    「タバコsmokingは遺伝子を傷付ける!」ことが、日米英韓の研究チームによって明らかになりましたネーflair

    これまで、遺伝子を傷付けるのは放射線だけと言われてきましたが・・・
    タバコによって、遺伝子の突然変異が誘発される事が、明らかになりました。

    肺、喉頭、口腔、膀胱、肝臓、腎臓の癌において遺伝子が変異annoyするそうで・・・
    中でも、肺、咽頭、肝臓の癌は、タバコが直接働いて突然変異を起こすようです。
    つまり、タバコを吸う人は、この3つ癌は覚悟しないとsweat02いけない!という事sad!!

    特に、肺癌では、1日20本のタバコで150個の突然変異annoyが起こる事が、確認されました。
    もちろん突然変異というのは、遺伝子の傷ですから、その都度免疫力が働くのですが・・・
    毎日毎日、繰り返し傷付けられるannoyと・・戻らなくなり・・癌細胞が増えていくupwardright・・!!

    1週間に1度の喫煙なら、免疫力dashがありますから・・元の状態にsun戻りますが・・・
    悪い刺激や成分を、何度も繰り返し受ける事が・・・最悪の事態をtyphoon・・・!

    実は歯科医にも、普段の診療過程で、とっても気になってる慢性刺激bombがあるんです。
    それは、金属イオン樹脂などによる化学的な慢性刺激annoy

    虫歯を治療する材料として、金属やレジンと呼ばれる樹脂を使いますが・・・
    金属にとって口腔内は、最悪の条件typhoonで・・貴金属以外は直ぐ腐食!

    腐食するという事は、金属イオンが出続けるという事です。
    悪いことに、金属イオンは体外に排泄され難いので・・・
    虫歯の治療をする事で、体内に金属イオンが蓄積shockし続ける事になります。

    治療に使う量は少ない!・・でも、ずっとイオンが体内で出続けることが問題です!!
    少しずつ長年掛けて、人体に影響bombが・・・
    猫パンチcatでも、1年間同じ場所を叩き続ければ・・・虎パンチにpunchannoy・・ネ!!

    最近になって、タバコ同様に、金属イオンが遺伝子に与える影響について研究発表がありました。
    皆さんも少しずつでいいから、貴金属やジルコニア、セラミックなどに変える事をお勧めしますhappy01

               <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
    一般歯科、口腔外科

    インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
    インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!