• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    インプラントの今昔!

    インプラント が1本ダメになった患者様が、久しぶりに来院しましたsign01
    僕が、28年前に手術した患者様でcoldsweats02・・・
    どう見ても、これ以上使えそうにないので、抜く事にsweat02・・・!

    患者様は良くもった!と満足してますが・・僕としては複雑thinkです。
    その当時のインプラント の中で最高の物を選び、最高のオペをしたつもりでしたが・・・
    今考えると、足りない事downばかりです。

    技術的な事はもちろんですが、そもそも現在と30年前のインプラントでは、雲泥の差shockが・・・
    出立ての携帯と現在のスマホぐらいの差がありますsign01

    当時は、どうにか骨にくっ付くインプラントが、数社から製品として世に出たばかりで・・・
    その後に明らかになる歯肉との関係や、骨が無い場所への対処方法などは手探り状態coldsweats02でした。

    アメリカやスウェーデンなどのインプラント先進国へairplane出かけては、有名な先生の教えを乞い・・・
    1週間程の講習を何回も受けに行きdash・・・世界中に恩師flairができました。
    その時は大変sweat01でしたが・・・今、本当に役に立っています!!

    今回の患者様も、前のインプラント を抜いて直ぐ、最新の新しいインプラントを入れます。
    今の僕の技術なら、新しいタイプのインプラントを使えば・・・
    今度こそ、自信を持って「一生使えますよhappy01!」と言えます。

    そう断言できるほど、今のインプラントはshine素晴らしくなりました。
    きちんとした考えに基づき、きちんとした技術の先生がオペをすれば・・・
    今の器具やインプラント本体は、本当に信頼できる素晴らしいもので・・安心できますsign03

    30年前、手術をしていた頃のインプラントとは、使っていて手応えが全く違う。

    以前は、患者様の骨の状態や口腔内環境に、大きく左右され・・・
    貧弱な骨や質の悪い骨では、自信を持って一生もつよ!とはdown言えなかった。
    質、量とも良好で、長いインプラントを入れた時のみ、将来の予知性があったんです!

    それに比べ、今のインプラント は骨の状態が悪かろうが、インプラントが短かろうが・・・
    オペ技術さえしっかりしてれば・・・「30年や40年は、大丈夫ですよ!」と自信を持って言えますsign01

    もし自分の歯として、50年間不自由なく噛む事ができ・・・
    食事時、会話時の不自由さ、違和感から解放されるとしたら・・とても良い健康への投資ではsign01

    最後に、専門家として1つだけアドバイスが・・・!
    インプラントは、歯が1本だけ抜けた時に、1本入れるのがベストshineです。
    ブリッジにして健康な歯に負担を掛けると・・・将来その歯まで失う可能性が大きくなりますsign03

               <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
    一般歯科、口腔外科

    インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
    インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!