• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    インプラントの劇的進化!

    先週末はインプラント の学術講演会で東京へairplane・・・
    最近では、すっかり世代交代して、学術大会へ行っても知人に会わなくsweat02なりました。
    90%以上が20代~40代までの先生方で・・・寂しい限りですweep

    インプラント も考え方がずいぶん進化して・・・
    昔は禁忌とされた考え方が推奨されたり、難しかった事が簡単にflair出来るように成ったり・・・

    最も変わり始めてる事は、何といっても術前のシュミレーションが画像で出来る事で・・・
    最適のインプラントの長さや直径、埋入方向などがデジタルシュミレーションできることconfident

    オペ前に、オペ全体の概略がつかめるのは、術者にとっては本当に心強くgood・・・
    オペの進行を予測できるだけじゃなく、術中に起こりうるトラブルの想定も容易にshineなります。

    それどころか、3Dプリンターで顎骨模型を作り、その模型で事前練習flairもできる時代になりました。
    近い将来、大学でのインプラント教育実習として使われるのでは・・・?!

    ロボットの患者様に埋め込んだ顎模型でのオペ事前練習・・考えただけでワクワクnotesします。

    しかし講師陣の見解としては、「デジタル診断は70点のオペを90点にはできるupけれど・・・
    十分なオペの経験がない20点の術者のオペを、70点にはできないdown!」という事で・・・
    オペを成功させるには、まず知識と経験を磨けthinksign01という事でした。

    今度の講演会で最も興味深かったのは、南カリフォルニア大学の教授の発表で・・・
    インプラント界の常識を壊すような・・驚きの講演happy02でした。

    従来、インプラント は長い方が安定して予後が良いと言われてきましたが・・・
    講演では、噛んだ時に力が集中するdash場所は、骨の中5㎜の深さまで・・なので・・

    5mm以上であれば、長くても短くてもインプラント の予後は変わらないdeliciousという臨床実験でした。
    (ただし、特殊な形状と表面構造を持つインプラントでの結果です。)

    という事は、今までの常識が違ってたという事で・・・ガーンshockですね!
    日本人は骨が細く小さいので、苦労してsweat01骨を作りながらオペをしてきました。
    世界中の歯科医が、骨造成で苦心してきたのにcoldsweats02・・・

    この考え方を基にした、短い6mmのインプラントが、今年から日本でも発売されますsmile
    本当にオペが楽にnotesなりますsign01

    ただ日本人の場合、5mm以下の骨の人も多いので、まだまだ骨を作る技術は必要不可欠ですhappy01sign01

               <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
    一般歯科、口腔外科

    インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
    インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!