• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    味覚障害の原因は口の中にも・・!

    高齢者の味覚障害upwardright増えています。
    実は、僕の母も総入れ歯による味覚障害をおこし、材料を変えて症状が改善したばかりsign01

    人間が年を取ると、一番の楽しみは美味しい物restaurantを食べる事delicious
    それなのに、味覚が無いなんてweep・・・こんな悲しい事はありません!

    高齢者の場合、味覚異常の原因は殆ど唾液の減少downwardrightなんですが・・・
    減少する原因が色々あります。

    年を取れば、唾液が減少するのは当たり前で・・・老化だけが原因なら、治療は簡単flairです。
    1日3回食事の前に唾液腺をマッサージ、そして食事は、しつこいくらい良く噛む事sign01
    老化だけが原因なら、これだけで改善shineします。

    1ヶ月これをやって改善しない時には、何か別の原因があるはずです。

    持病がある人は長年飲んでるhospitalが原因だったり・・・
    口呼吸の人は、口の中の粘膜が空気に触れることで、乾きやすくなったり・・・

    また長年の喫煙によって血管の萎縮が起こり、血行不良から唾液腺が機能低下downを・・・
    カフェインの多量摂取や多めの飲酒は、利尿作用により唾液が出にくくなります。

    その他にも唾液が減少する病気として・・・シェーグレン症候群、糖尿病、肝臓病などが!

    しかし実は、その他に一番見逃している大きな原因があります。

    それは入れ歯や、歯に被せた金属で・・・
    特に総入れ歯の人や、たくさんの歯を金属で被せてる人はshock味覚障害を起こしてしまいます!
    ただ、この場合の味覚障害は、唾液の減少だけが原因ではありませんsign01

    入れ歯では、材料にレジンという樹脂を使いますが・・・これが問題bomb
    また金属は唾液の中で腐食し、金属イオンがannoy流れ出るため、その影響で味覚障害に・・・
    口の中に金属が多ければ多い程sweat01・・・味覚障害は起こり易くなります。

    総入れ歯の樹脂をチタンに変えたり、インプラントで保持する小さな入れ歯にしたり・・・
    被せ物をジルコニアセラミック、腐食しにくい貴金属に変えれば改善しますhappy01

                        <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
    一般歯科、口腔外科

    インプラント
    歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください

    インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!