• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    長寿遺伝子のスイッチをオンに!

    その昔、秦の始皇帝は手に入らない物は無かったpunchそうですが・・
    唯一自由にならなかったcoldsweats02ものが・・永遠の若さdash
    若さを求め、不老不死の仙薬shineを探して、日本へも部下を派遣runしたそうです。

    部下の名前は徐福・・九州でも佐賀や鹿児島に、徐福伝説が残っています。

    そして2,200年後の現在、不老長寿は遺伝子レベルで解析flairされつつあります。

    長生きを司る長寿遺伝子・・サーチュイン遺伝子が発見され・・
    さらにその遺伝子を活性化dashさせる方法も・・・sign01

    一つは空腹状態を作る事!
    成人に必要なカロリーの30%をカットdownすると活性化が始まるらしいのですが・・
    やり過ぎると、栄養不足、カロリー不足でマイナス効果sweat02になり・・
    実行するのは、かなり困難ですcoldsweats02

    そこで簡単にできる範囲で、実行したらどうでしょう?!
    つまり昔から言われてる、腹八分目の食事をするのです。
    具体的には・・?

    人間は、食事開始から20分以上経つと、満腹中枢が働き始めますから・・
    いつも食べてる量の7割を、少量ずつゆっくり30回以上噛んで食べます。
    必ず20~30分以上の時間を掛けてsign01

    食べる量が少ない分、早めにお腹が空いてきてwobbly・・遺伝子スイッチがオンdash
    たくさん噛みますから、唾液腺も活性化・・消化を助け若さを保つ!
    噛むと、脳への血流も良くなり、認知症予防にもなります!
    当然、摂取カロリーも減りますから、ダイエット効果も!

    どうですか?!いい事だらけだと思いませんかsign02
    ただし必要な栄養素は摂取しないと、逆効果ですから注意しましょうsign01

    そしてもう一つ、長寿遺伝子を活性化する物質・・レスベラトロール
    抗酸化作用(体の錆び取り)を持つポリフェノールの一種です。

    ブドウの皮に多く含まれてるので、赤ワインがお勧めなのですが・・・
    遺伝子活性化に必要な量は・・なんと1日に20~30本sweat01アル中になっちゃいますcoldsweats01
    サプリも出てますが・・不自然な量の特定成分を摂取すると・・副作用が!?

    「過ぎたるは猶及ばざるが如し!」ですね!・・何事も、ほどほど!
    そして最後に、ほどほどの運動をすれば・・長寿のスイッチが入りますhappy01

                       <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
    一般歯科、口腔外科

    インプラント
    歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください

    インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!