• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    口から考える認知症!

    誰でも、年齢と共に衰えを感じ始めますがsweat02・・・
    皆さんは、年を取ることで一番の恐怖は・・何ですかsign02

    僕は、何といっても・・脳の衰え!・・歩けなくなるより、認知機能の衰えが恐怖!!

    体の衰えも嫌やですが、自分の事や周囲の事が、分からなくなるのは・・怖い!
    先月、世界アルツハイマーデー(9/21)に合わせて、仙台で「口から考える認知症」という講演が・・

    歯を無くしたままの人は、認知症になりやすい事が・・はっきりと解ってきましたconfident
    65歳以上の約5.000人を追跡調査した結果・・・

    歯がほとんど無いグループは、20本以上あるグループに比べ・・
    認知症になる確立が1.85倍高いupwardrightという結果が・・・!
    また口腔衛生状態が悪い人も、認知症リスクが高いことが科学的に分かってきました。

    人間の認知を司るのは、脳の海馬や偏桃体という場所ですが・・・
    物を噛むという動作だけで、そこに刺激annoyを与え認知機能の低下を防いでいます。
    噛む回数が減ると、それだけで脳への刺激が減り、認知機能がdownwardright低下し始めます。

    歯が無くても、入れ歯インプラントで噛める人には、認知機能低下はないそうです。
    つまり、噛んで顎を動かすことが、認知症を防いでるようです。

    歯周病で歯が動揺したり抜けたりすると、無意識に軟らかい食べ物を選んで・・・
    噛まなくてもいいような、麺や菓子パンばかりnoodle食べるようになり・・
    栄養不足から、ますます認知機能が低下downしてしまいます。

    現在、歯を失う最大の原因は、歯周病ですが・・・
    歯周病というのは慢性炎症ですから・・そこには必ずサイトカインや活性酸素が出現し・・・
    血液を介して脳にダメージannoyを与えることが、分かってきました。

    つまり長年、歯周病を放置した挙句、歯を失い治療せずそのままにしてる人!
    こういう人は、炎症による脳へのダメージと、噛まない事によるダメージの両方により・・
    認知症になる確率がグッとup上がってしまいます。

    先日、90歳になる母に、しっかり合う入れ歯を作ったんですが・・・
    元気になって、言う事が昔に戻り・・説教をされるようになりましたcoldsweats01

    しっかり噛めることが、脳にも体にもとても大切です。
    美味しく食べて、健康長寿をめざしましょうhappy01sign01

                     <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
    一般歯科、口腔外科、
    インプラント
    歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

    インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!