• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    唾液は健康の要!

    30年近く患者様の口腔内状態を見続けると、健康と口腔内状態の関係に気づきます

    年を取ると、誰でも体の衰えがあり・・当たり前の事ですが・・

    筋力、脳、内臓、免疫など全てにおいて機能低下が起こります。

     

    70代まで何ともなかったのに、80前後で急に虫歯が増えることが多く・・

    それも、虫歯の進行が物凄いスピードで・・治療が追い付かない事が!

    こういう場合、治療も大切ですが・・主治医としては原因の改善がより重要になります。

     

    考えられる一番大きな原因は、唾液の減少による口腔内環境の悪化

    生きてる限り、人間は食べ続け・・唾液が必要ですが・・

    残念ながら、3つある唾液腺は、どれも徐々に委縮し唾液は少なくなります。

     

    物を食べる時、唾液が出て食べ物に絡みつき、自浄作用で口の中を洗い流す

    昔の人は、最後にお茶を飲んで、さらに洗い流していました。

     

    人生が50年の時代は、それで十分だったのですが・・今は90年!・・

    ・・歯磨きが重要になってきます・・それも若い頃からの歯磨きです。

     

    歯磨きをすると虫歯防止だけではなく、唾液腺の刺激になり・・

    ・・唾液腺の衰えを、防止できます・・年を取ってからでは、ちょっと遅い!

    すでに50歳を過ぎた人達には、歯磨きに加え唾液腺マッサージをお勧めします。

    マッサージは、サラサラ唾液を出す顎下腺と耳下腺を主に

     

    サラサラ唾液は、リラックスして好きなことをしてる時によく出て・・

    緊張すると、舌下腺からネバネバ唾液がでます。

    人生、のんびり好きな事をやってる人の方が、長生きしてる気がします。

     

    マッサージができない人は、せめてゆっくり噛みながら食事をして下さい。

    10回より30回噛んだ方が、唾液はたくさん出ます。

    元気で長生きのためにも、早食いはやめましょう!!