• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    就寝時のマウスピースがお勧めです!

    「歯ぎしりをしてませんか」という質問に、殆どの人が・・・

    「いいえ!」か「わかりません!」「言われた事はありません!」と応えます。

     

    一般的に歯ぎしりとは、就寝時に歯をすり合わせて「ギリギリ」音を立てる行為を指しますが・・

    実は食いしばりのような、音を立てない歯ぎしりの方が何倍も多いのです。

    食いしばりやタッピング(カチカチ音を立てる)を含めると、90%以上の人はやっています。

     

    ただ食いしばりは音が出ないので、本人はもちろん周囲の人間も気が付きません

    口腔内の痕跡から、歯医者だけは気付く事が多いのですが・・・

    残念ながら自覚症状がないため、患者様が興味を持たないのが現実です

     

    歯ぎしりや食いしばりをやってる時、人間は起きてる時の5~10倍の力で噛みます。

    起きてる間は脳がコントロールしてますから、そんな強い力で噛むことはできませんが・・

    就寝時、脳が休息・・安全装置が外れてしまい、顎の筋肉が暴走します。

     

    実はこの筋肉の暴走は、精神的ストレス解消のため必要な行為だと言われており・・

    むやみに止めるのではなく、上手に力を逃がしてやる事が必要です

    それには就寝時に、スプリントと呼ばれるマウスピースを着ける事をお勧めです

     

    長年、歯ぎしりをすると・・歯、歯槽骨、顎関節、筋肉のいずれかに障害が出ます。

    歯がすり減ったり、歯周病の進行を促進したり、顎関節を痛めたり・・

     

    前歯が短くなってる人を良く見かけますが・・前歯での歯ぎしりが原因です。

    奥歯で歯ぎしりをすると、歯周病によって上の奥歯を失いやすくなり・・

    片頭痛や肩こりが酷い人は、食いしばりをしてる事が多いようです。

     

    また歯ぎしり、食いしばりは、顎関節症の原因に・・太った人が膝を壊すのと同じです。

    自分の歯や歯茎、関節を守るためにも、マウスピースをお勧めします