• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    金属は本当に有害なのか?!

    内科からの紹介で、金属アレルギーの患者様が・・・

    口腔内の金属の詰め物を、他の材料にしたいと来院しました。

    歯科用の金属は金パラと呼ばれてはいますが・・金やパラジュウムは30%以下で・・

    50%は銀で、その他、銅、インジュウム、イリジュウムなどの合金です。

     

    金パラは、日本では保険治療で使用される金属ですが・・

    ヨーロッパなどでは、人体への害を理由に、使用を禁止する国も出始めています。

    害については、ネット検索すれば山ほど!

     

    ただこれらの記事を良く読むと、セラミックやジルコニアへの誘導ばかりで・・

    どの記事も、金属はこんなに危ない!だから、自費治療にしましょうと・・

    結論を言えば、高い自費治療を勧める歯科医院の広告のようです

     

    僕自身も、長い歯科医人生から感じる矛盾があり・・正直に書いてみます

    まず銀歯は有害か?・・口の中では銀歯は腐食します。長期でみれば有害です。

    長期間、世界中の歯科医が使ってきて、やっと有害では!?と気づきました

     

    それでは代わりの材料は?

    詰め物は保険治療のコンポジットレジン、自費のセラミック、ジルコニア・・

    コンポジットレジンは安く、治療が簡単・・金属から移行しつつありますが・・

    欠点は無いのか?・・無い訳がない!・・あくまで化学的に作った材料で化学物質満載!

     

    無責任だけど、金属同様、何十年か先に患者様の体が結果を出す!としか言えない。

    短期的結果としては、歯の神経が科学的刺激を受け痛みだす事が・・

    大量に使うべきではありませんが・・保険で使える材料が他にないんです

     

    被せ物やコアと呼ばれる補強なども、同様です。

    長期間安心して使用できるような材料は・・残念ながら保険治療にはありません

    結局、満足できる材料は自費治療なんですが・・

    使う場所や使用量などを考えて、主治医とよく相談した方が良いと思います。

     

    お金に余裕があれば自費が安心ですが・・主治医と相談して・・

    保険も自費も取り混ぜて、自分に最良の治療をしてもらってください。

     

    因みに、僕自身も治療を受けてますいますが・・・

    材料は・・すべてセラミック、ジルコニアと金!・・学生時代、金の詰め物を・・

    金は詰物には最高の材料なんですよ!・・40年経っても安定しています。

    今はセラミックやジルコニアがあります・・見かけも大切ですから