• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    治療し難く、怖い歯周病!

    歯周病菌が糖尿病を始め、心筋梗塞や脳梗塞、そして癌にも関与してるのでは?!と・・

    研究が進むにつれ、歯周病とこれらの病との相関関係がはっきりし始め・・

    先日、年1回の歯科検診を義務化しようという動きが、報道されました。

     

    長年、歯科医として健康な口、歯周病の人、入れ歯の人を診てきて・・気付きが!

    口腔内が健康な人は、中度以上の歯周病の人と比べ、体も健康な人が多い

     

    歯が有っても重度の歯周病の人より、総入れ歯の人の方が健康な人が多いという事実!

    重症歯周病の人は、口腔内で大量に菌が繁殖していて・・・

    それを毎日飲み込んだり、歯肉の血管を通して全身に送り出したりしています

     

    これらの歯周病菌が、体に影響しない訳がありません。

    医療や病理の進歩と共に、その悪影響が徐々に解明され始めました。

     

    ただ治療となると・・これが厄介です。

    通常、重症の歯周病治療には、時間と費用、そして何より医師と患者双方の根気が・・

    中でも一番の問題点は、患者様自身がそれほど大変な状況だと思っていない事

     

    歯周病は、中等度まではあまり症状がなく、日常生活では困りません。

    この事が厄介で・・困らないが故に、我々の忠告を受け流す患者様が多く・・

    中々、治療にまで至る事が少ない

     

    恐怖心や費用の問題で治療にまで至らない患者様には・・予防を・・!

    定期的な口腔内クリーニングを中心に、ロイテリ菌などの乳酸菌を使用しています。

     

    口腔内環境を出来るだけ清潔に保つ!だけで歯周病菌は少なくなりますが・・

    歯周病菌は、他の菌と共存し難いという特性を生かし・・・

    人間には無害の乳酸菌を使って、歯周病菌の繁殖を防ぎます

    これが結構有効なんです

     

    この方法なら、怖がりの患者様も受け入れやすく、一定の効果を上げています