• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    親知らずの抜歯に100%の安全はない!

    出来れば抜きたくないsweat02のが・・・親知らずshock
    とは言っても・・・殆どの人が、いつか抜く事にdown・・・!!

    「親知らずは、抜かなきゃダメですかsign02」とよく聞かれるのですが・・・
    僕は殆どの場合・・「無理に抜かなくてもいいと思いますよconfident!」と答え・・
    「ただ、死ぬまで残せるのは、非常に稀ですthink!」と加えます。

    歯科医は、診断をした親知らずの情報flairを、分かり易く伝え・・・
    抜歯するメリット、ディメリット、リスクの説明をしますが・・それを聞いた上でear・・
    抜く最終決断は、患者様自身がする事になりますthink

    では、そのリスクとは?
    色々ありますが・・・何と言っても、歯根が神経、血管に近い場合sign01
    近ければ、神経や血管を傷つけるannoy可能性もupwardright高くなります。
    下の親知らずが斜めになってる場合、その殆どはこれに該当しますcoldsweats02

    このリスクを負いたくないというのが、一般の歯科医の正直な気持ちだと思います。

    下顎の親知らずを安全に抜くには、高い技術shineが必要なのは、当然ですが・・・
    歯科医にとっては拘束時間が長く、診療時間が予測できない上・・・
    大変な緊張coldsweats02を伴います!

    その割には、残念ながら保険点数が低いdownんです。
    だから自分で取り組むより、大学へ紹介して紹介料を保険請求した方が、楽だし得flair

    でもそういう歯科医を、責める事はできませんthink
    正当な評価がなければ、誰でもやる気にならないwobblyのは当たり前ですsign01

    僕は負けず嫌いなdash性格だった為、たまたま短時間での抜歯技術を習得し・・・
    殆どの水平埋伏智歯を10~15分で抜きますから、経営的に成り立ってるshineだけで・・・
    2時間もsweat01掛かるんだったら、僕でも大学に送りますcoldsweats01

    開業当初のエピソードですが・・・
    紹介で来た患者様に、親知らずを抜いて欲しいと頼まれdelicious抜歯したんですが・・・
    パンパンに腫れ、文句をいわれangry・・心で「腫れるのは当たり前なんだけどなー!」と思いつつ・・

    ・・・腫れない方法を色々考え、行き着いたのが短時間shineでの抜歯sign01
    抜歯時間が短ければ短いほど、抜歯侵襲annoyが少ないほど・・・患者様は圧倒的に楽smileです。

    今、僕は毎日、条件付き?!で親知らずを抜歯しています。
    その条件とは、現実に有るリスクをよく理解した上で、自分自身でリスクを受け入れられる事!

    中には「先生が抜くんだから、100%先生が責任取ってcatface!」と言う人がいますが・・・
    そういう人は、100%お断りしますconfident
    僕の失敗は僕が責任を取りますがthink、歯の生え方によるリスクは患者様自身のものですsign03

    わざわざ他府県から、僕を頼って来て頂くわけですから、100%を保証したいsweat02・・・
    でもそれをすると、僕は嘘つきになりますcoldsweats02・・これから、もっともっと腕を磨きますhappy01

               <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
    一般歯科、口腔外科

    インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください
    インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!