• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    (山下ブログ)気づいた時には大きな虫歯?!

    術前
     HB13018_151021172723(調整後).jpgのサムネイル画像

    大人の虫歯は意外と症状が出にくく、自分で気づいた時にはかなり大きくなっていることが多いです。

    それまで何ともなかったのに、急に強くしみたり痛み出したり・・・そのような場合は神経をとらなければいけません。

    他に多いのが「かけた」というもの。

    大人の場合歯と歯の間に虫歯ができやすいのですが、気づかぬうちに大きくなって内部が空洞になり

    表側がかけてきてしまうことで気づくことが多いです。

    今回の症例もそのような状況だったと考えられます。

     
    ちなみにもう虫歯は神経スレスレまできていますが、症状はしみたりではなく物が詰まって痛いというもの。。。

     術後
     HB13018_151021180426(調整後).jpgのサムネイル画像

    レントゲン
    DB1301827_151021175608(調整後).jpgのサムネイル画像

    右端が治療した歯で、黒っぽいのが神経、白っぽいのが詰めたプラスチックです。

     神経にかなり近いですが、深い場合治療することで刺激が伝わり痛みがでることもあります

    その場合も神経はとらなければいけなくなります。

     歯と歯の間の虫歯はご自身はおろか僕たち歯科医師でも見つけにくいことが多いです。

    今は初期の虫歯は削らない事が多いのですが、穴が開いてしまった虫歯は

    早めに治療することで神経をとらずに済むことが多いですから、定期的な検診をお勧めします!!

    博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
    一般歯科、口腔外科

    インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
    インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!