• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    (山下ブログ)前歯の隙間をダイレクトボンディングで治す!

    前回のブログに引き続き、前歯のダイレクトボンディング(プラスチック治療)です

    今回は前歯の隙間(正中離開)を治療したケースです

    術後がコチラ

    HB11211_160109100516(調整後).jpg

    以前ブログにも書いたセミナーのエステライトアステリアというレジン(プラスチック)を

    使用していますが、自分としてはよくできたと思います

    術前がコチラ

    HB11211_151224185240(調整後).jpg

    ちなみにこのケース間に少し虫歯があったためその部分だけほんの少し削りましたが、

    隙間を閉じるためには全く削っていません

    患者さんも隙間は気になっていたそうですが、削って治療することには抵抗があったそうです

    ダイレクトボンディングで希望に沿って削らず治療することができました

    このケースでは事前に型をとって蝋でシミュレーションし、

    裏側をシリコンの型で作ってから作成しました

    backwall.jpg

    なぜかというと、

    上の真ん中の歯の場合左右の幅がほぼ一緒でないと不自然

    になってしまうためです

    直接盛ると左右の幅を合わせるのが難しいので、事前に幅が一緒になるよう型を作りました

    興味のある方はお気軽にお問い合わせください!

    博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
    一般歯科、口腔外科

    インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
    インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!