• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    (山下ブログ)歯と歯の間の虫歯に注意!!

    大人の歯の場合、磨けている場所は石灰化が進んでいるので通常虫歯はできにくくなっています

    そのため、虫歯ができやすい場所は上の奥歯の奥側や歯と歯の間など磨きにくい場所が多いです

    磨きにくいと汚れがたまる時間が長くなり、どうしても虫歯になってしまいやすいのです

    前回のブログで歯と歯の間に虫歯ができてかけた例をお見せしましたが、あのように気付いた時には・・・

    ということが多くなります

     
    僕たち歯科医師も歯と歯の間の虫歯は見つけるのが難しいのですが、早期に発見することで

    小さく削って詰めることができます

     HB13018_151021172723(調整後).jpgのサムネイル画像

    例えば前回の症例の術前の状態ですが、通常の銀歯で詰めようとすると・・・

     HB13018_151021172723インレー(調整後).jpgのサムネイル画像

     赤線のような詰め物になるために虫歯ではない部分まで削る必要がでてきます

    しかしプラスチックで詰めればあまり健康な部分を削らず下のように詰めることができます

     HB13018_151021180426(調整後).jpgのサムネイル画像

    ただしプラスチックで治療できる虫歯の大きさには限りがありますし、

    状態によっては型を取る詰め物にせざるを得ない場合や、

    神経を取って被せものにせざるを得ない場合もあります

    何にせよ虫歯にならないことが大事です!

    予防法としてはフロス(糸ようじ)を通すことが挙げられます

    なかなか歯と歯の間には歯ブラシも届かないので、フロスはとても大事です

    歯磨き、フロス共に完璧にするのは難しいので、

    定期検診で磨けていない部位の確認、指導を受けて虫歯にならないようにしましょう!

    博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
    一般歯科、口腔外科

    インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
    インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!