• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    (山下ブログ)親知らずの悪影響

    以前のブログで親知らずのせいで手前の歯が虫歯になってしまった場合の

    治療例について書きました

    PBN13155_1601060928102(調整後).jpg

    この例はなんとか虫歯になった部分だけを削ってプラスチックで詰める事ができました

    しかし、発見した時には手前の歯が残せない状態になっていることもあります

    PBN12214_140421153543(調整後).jpg

    上の例は右下の親知らずですが、手前の歯は親知らずの影響で根が溶けてしまい

    辛うじて残っている状態でした(神経は取ってある歯です)

    分かれた根の一部だけが悪い場合、歯を半分に分割して残す方法もありますが、

    この症例の場合、条件が適さなかったため、やむを得ず抜歯になりました

    PBN13155_1601060928103(調整後).jpg

    この症例の場合、手前の歯が大きく虫歯になり、なおかつ根が溶けてしまっている状態でした

    この歯も分割は出来ないのですが、根の治療をすると腫れや揺れがなくなったため

    患者さんの「使えるところまで使いたい」という希望に沿って残して被せました

    (通常は症状は消えにくく、抜かなければいけない歯だと思います)

    このように親知らず、特に斜めや横に生えているものは手前の歯を悪くすることがあります

    少ないですが普通に生えていて手入れができるような親知らずや、悪さをしないような親知らず

    (骨の奥深くにあって症状がないもの等)は必ずしもそうではありませんが、

    手前や周りの歯の為にも、悪さをする親知らずは早めに抜くようご相談ください!

    博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
    一般歯科、口腔外科

    インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
    インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!