• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    (山下ブログ)親知らずのせいで手前の歯が・・・

    院長のブログでも度々触れられている親知らずですが、

    親知らず自体が痛くなったり、周りの歯茎が痛くなったりする以外に手前の歯にダメージが出る事があります

    今日はそんな歯を何とか小さく削って治療した例をご紹介します

    PBN13155_160106092810(調整後).jpg
    抜歯前

    一番右の歯が上の親知らずです

    斜めに生えているために手前の歯が虫歯になっています(接しているところの黒い部分)

    まずはこの親知らずを抜歯して、後日穴がふさがりきる前に手前の歯の治療をしました

    (穴がふさがってしまうと虫歯が歯茎の中に入ってしまう)

    DB1315527_160322162816(調整後).jpg
    治療後

    器具が届きにくく、治療が難しい場所なのですが、色々な方法を駆使して

    何とか虫歯だけを削ってきれいにレジン(プラスチック)で詰める事ができました

    普通の方法なら恐らく神経を取らなければいけなかったと思います

    非常に手間はかかりますが、いい処置ができたと思います!

    博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
    一般歯科、口腔外科

    インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
    インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!