• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    (山下ブログ)突然歯が折れる・・・?!

    普段何気なく使っている歯ですが、相当な力を受けています。
    その力のせいで突然折れてしまう事があります

    一般的に神経をとった歯の方が、折れてしまう事は多いです。
    しかし、神経をとっていない歯でも突如として折れてしまう事もあります

    歯茎の上に出ている部分が折れてしまっても、折れている事は見ればわかりますし、
    治療をすることで保存できる場合が多いです。

    しかし、問題は歯茎の下、見えないところで折れてしまっている場合です。
    その場合折れていることは見ても分かりませんし、レントゲンやCTでも判別できないことが多いです
    (時間が経っていると骨の溶け方などで「折れている可能性が高い」と分かる場合もあります)

    また、治療としても残念ながら抜歯せざるを得ない事が多いです

    下の症例は、定期的に検診を受けられていた方で、つい数か月前まではポケットもさほど問題ありませんでした。
    しかし、突然腫れたということでポケットも深くなっており、歯茎から膿が・・・

    レントゲンをとってみると・・・

    DB736211_160328143635(調整後).jpg

    一番右の歯ですが、根の周りが黒く映って骨が溶けているのが分かります。
    しかし、レントゲンでも歯自体に折れている所見は見つけられないのです。

    突然ポケットが深くなったこと、骨の溶け方から折れた可能性は高い事、治療しても無駄になってしまう可能性が高い事を
    お話しましたが、それでも一旦抜かずに治療を希望されたため、治療を行いました。

    しかし、根の治療や歯周病の治療をしても効果は現れず・・・やむなく抜歯となりました。

    HB7362_160510090529(調整後).jpg

    抜いた歯の下の方に縦に線が入っていますが、これが折れている部分です。
    この位置の場合、抜くまでは本当に折れているかはわかりませんでした。

    このように、歯が折れるというのは判断が付きにくい上に、治療法は抜歯になってしまうという
    患者さんにとっては腑に落ちないような結果になることがあります。

    しかし抜歯して原因を除去しない限り膿はたまり、骨は溶けていってしまいます。

    何とか歯を保存したい僕達歯科医師を悩ませる一番の事例です・・・

    博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
    一般歯科、口腔外科

    インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
    インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!