• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    (山下ブログ)治療の後で・・・

    「虫歯が大きいので神経をとりますね~」と言われたことがないでしょうか?

    歯の神経というのは虫歯が大きくなって感染し、強い炎症を起こすと除去が必ず必要になります。

    除去しなければかなり強い痛みが出ることが多くあるので、その可能性が高い場合
    神経の除去を勧める場合が多いかと思います。

    ただし、虫歯はかなり大きくても、もしかしたら神経が保存できるかも?という場合もあり、
    そこは判断が難しいところです。

    例えば、症状はないが虫歯が大きく、慎重に虫歯を除去して一旦は神経を保存できた場合。

    その場では保存できても、治療で虫歯をとった刺激により、神経が炎症を起こしてくることがあります。

    その場合治療後強い痛みや、冷たいもの熱いものに対してかなりしみるといった症状が出たり、
    長い間症状がなくても実は神経が死んでいたりすることもあります。

    この症例では、患者様の希望もあって神経を保存し、症状が軽減したことからかぶせ物を作りましたが、
    1年後に来院された際レントゲンを撮ってみると神経が死んで根の先に炎症が起こっていました。

    神経が死んでしまうと歯の内部に感染が起こってしまうためこのような事態になります。

    この場合症状はなくとも死んでしまった神経をとってきれいにしなければ炎症が大きくなっていくことになりますので、
    神経の除去は必須になります。

    いずれにせよ治療に100%はありませんので、リスクやメリットデメリットの説明を聞いて、
    納得できる治療を受けていただければと思います。

    博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
    一般歯科、口腔外科

    インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
    インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!