• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    こんな時、沈着冷静でいられますか?!

    深江歯科は、インプラント、水平埋伏智歯、嚢胞摘出など小手術が多く・・・
    毎日、血を見ない日はありませんconfidentが・・・(ホラーな書き出しsweat01

    新しい衛生士が就職してくると・・深江歯科での最初の関門が・・
    新人がオペに付くと・・必ず青くなったり、気が遠くなったりshock・・・
    極度の緊張状態の中で、初めて大量の出血を見て、気が遠くなり・・途中で倒れるdown事も!

    考えてみれば、口の中の大量出血は・・気持ちが悪いsweat02
    でも1ヶ月もすると、ベテラン同様に平気な顔で仕事を・・・慣れるもんですねーcoldsweats01

    僕自身も手術中の事をよーく考えると・・血液を、血だ~!なんて思う事はあまりありません。
    血液は、あくまで血液!・・出血の量や出方、色は見てますが・・
    そこに余計な感情は入っていませんconfident!!

    でも、僕にも1度だけ「血だー!」と思った瞬間が・・強烈な映像で脳裏shockに残っています。
    それは、35年前・・・まだ僕が研修生状態chickの頃・・・
    就職先の先輩医師のアシスタントをしてる最中の話ですが・・・

    先輩は僕に教えながら、歯茎の切開をしていました。
    その時、プシューと先輩医師の額に噴水のようにbearing・・患者様の血液が・・
    どうやら動脈を切ったようでcoldsweats02・・・一瞬で先輩の顔は、血で真っ赤に染まってしまいました。

    僕は今まで見たこともない大量出血を目の前に・・気が動転coldsweats02
    どうしていいやら・・うろうろするだけでsweat01・・・!
    この後の先輩の行動で見て、正気に戻り・・・大きな教訓flairを学びました。

    先輩医師は指でしっかり傷口を押さえgoodスタッフに止血剤や縫合の準備を的確に指示sign01
    10分ほど押さえて血が止まったところで、縫合してました。

    この時、慌てふためいてた僕にとっては、まさにこの時の血液は・・血液ではなく大量の血sign01
    それに比べ、先輩医師はとても冷静thinkで、すぐに止血準備を指示してた訳ですから・・・
    先輩にとっては、この時の血液は・・・あくまでも大量の血液!だったのでしょう。

    後で、先輩に聞くと・・どういう状況だったか詳しく教えてくれましたが・・・
    最後に、「さすがに、俺も焦ったよsweat01なー!深江!」と言ってました。
    冷静に見えましたが、内心はハラハラしてたのでしょうかsign02

    術者の心得として・・「何かが起きてから、考えたのでは遅い!」という事でしょう。
    オペをやる時には、最悪の事態とその解決策も準備しておく事sign01
    大きな教訓を学んだ瞬間でしたconfident

    今僕は、頭の中に幾つものシュミレーションやハプニングを想定flairして、オペに入ります。
    ですから何かあっても、解決策は予習済み!で・・途中で迷わないのでからオペが速い!
    速く終われば、患者様は楽!という事ですhappy01

    教科書通りのオペなんて1つもありませんから・・・
    金曜から3日間、国際インプラント学会に出席airplaneのためお休みさせて頂きます。
    留守中は、山下先生が診療してますので、よろしくお願い致します。

               <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
    一般歯科、口腔外科

    インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください
    インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!