• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    間違った教育で沈みゆく日本!

    コロナの影響で、世界の就職戦線に異変がおきてるようで・・・

    日本でも、就職が内定せず・・困っている学生が増加

    内定してても、今後のコロナ次第で・・内定取り消しも

    その上、日本で就職したい外国人が増え・・競争相手が増加

     

    今の若者たちは、本当に大変な時代を生き抜かないといけない・・気の毒です

    一週間前、日本IBMに勤務してる患者様に聞いた話ですが・・・

    採用してる新入社員の50%が外国人だそうです。

     

    理由は単純で・・「外国人の方が、優秀なので!」と一言・・・

    通常、アジア系の外国人は日本語、英語、母国語の3ヶ国後を話せますが・・

    日本人は、英語は話せず・・・それどころか日本語も心もとない

     

    それに比べ、日本の大手をねらうアジア系の若者は、元々の頭も良くやる気もAクラス!

    はっきりと自分の意見も言えない日本人を雇うより、即戦力に近いそうです

     

    昔は遠慮や忖度、上下関係など日本特有の習慣が必要で・・日本人有利でしたが・・

    今はそういう事が、かえって邪魔になる時代!・・そんなことより能力優先

    日本の若者達は、これからの世界で勝ち抜かないといけません

     

    そんな彼らにとって不運だったのは・・2002年、政府が極端なゆとり教育に舵を切った事!

    この時、小中学校の授業内容の3割が削減されました

    結果として、海外との学力差が広がり・・もう取り返しがつきません

     

    教育は追い付くのに10年、結果が社会に出るには20年掛かります。

    猛スピードで進む現代社会において、20年の遅れは致命的

     

    やっと2011年に気付いた日本政府は、脱ゆとりに方向転換・・・

    今年の大卒者が中学2年の時で、まだまだ社会に結果が出始めるのは先!

     

    教育には、時間とお金、そして何より良質の手間が掛かります。

    20世紀、世界が手本にした日本の教育は・・方向を誤り予算も足りず

    50年前に、日本の教育を手本にしたシンガポールは、今や

     

    可哀想だからと競争させず、差別になるからと順位を付けない教育を受けた子供達は・・

    大人になって社会に出て、いきなり激しい競争にさらされる訳で・・・

    嫌でも、競争慣れした有能な海外勢が待ち構えてる・・訓練なしでいきなり!は酷です

     

    日本人は、乳幼児の能力を見くびり過ぎです。

    0歳~5歳児はブラックホール・・知識も経験もどんどん吸収します。

    この時期に良質の指導があれば・・脳のキャパが増え、小中学の教育は楽

     

    乳幼児期を上手く育てあげれば、小中学校での授業時間などいくら多くても子供は平気です。

    大人の常識で子供を潰さないで欲しい・・日本の財産です

    優秀な子が多い程、国は豊になりますから・・自分達の為でもあります