• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    楽しかったオリンピック!

    オリンピック!面白かったですねー

    無観客では、盛り上がらないと思ってましたが・・なんのなんの・・テンション

    選手が目の色を変えて頑張ってる姿は・・テレビ越しでも、必死さが伝わって・・

    応援してる側も、ついつい手に汗

     

    世界のスポーツ大会の中でも、やっぱりオリンピックはアスリートにとって別格・・・

    懸命に何かを成し遂げようとする選手の姿は・・観る者の心を動かします

     

    今までのオリンピックには、それぞれ心に残るシーンがあって・・今回は・・

    柔道、水泳、体操 、野球etc・・でも一番感動したのは、男子マラソンの大迫

    30人もの途中棄権が出る猛暑・・一度は遅れたものの追い上げて6位!

     

    30㎞過ぎてから、有力なアフリカ選手を2人も追い越す日本人なんて、今まで見た事ない

    驚異的な粘り、あの諦めない姿は・・金メダルよりずっと脳裏に焼き付きました

    ああいうアスリートの姿には、無言の教訓が・・・

     

    考えてみれば、前の東京オリンピックの時にも、大きな教訓をくれた選手がいました。

    柔道無差別級の神永選手とその相手のヘーシンク!

     

    全階級制覇が掛かる最後の一戦だったので、よく覚えています。

    日本は神永・・日本人選手の中では当時一番大柄でしたが、179㎝、100㎏

    オランダはヘーシンク・・198㎝、120㎏の巨漢で「オランダの巨人」と呼ばれてて・・

    当時の日本では、見たこともないような大男でした

     

    テレビを観ながら祖母が「ワァー、バケモン!のごたるねー」と言ってたのを覚えています。

    この時日本人の誰もが、なぜか神永の勝利を確信してましたが・・残念ながら・・

    「柔よく剛を制す」の日本は、ヘーシンクのパワーに敗れ、全階級制覇を逃しました。

     

    体格差を物ともせず、果敢に大男に立ち向かっていく小男、神永の姿と・・・

    それを跳ね返して勝利した後に、オランダの巨人ヘーシンクがとった紳士的な態度・・

    小学校4年だった僕の脳裏に、鮮明に焼き付いています。

     

    どうやらオリンピックは、人々にとってただのスポーツ大会じゃなく・・・

    世界の人々にとって、大切な意味を持ってるイベントなのかもしれません