• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    最新の歯科材料ジルコニア!

    昨日の診察室での、僕と患者様との会話ですconfident
    「次回、この奥歯を被せますが、以前に入れたのと同じ銀歯でいいですか?」
    「先生、年取ると醜悪になるから白くしなさいsweat01!と女房に言われたんで白くして下さいcoldsweats01

    これを聞いて、日本人も変わったなーと思いました。
    「ブランド品を身に着けながら、銀歯の日本人!」が外国人歯科医が持つ日本人像でした。
    高いバックを買う前に、銀歯を白くしたらsign02と言いたいのでしょう。
    確かに、日本人は銀歯に無頓着sweat02すぎかもしれません。

    でも最近では、奥歯も白くしたいという男性がup増えています。
    女性は、もともと白くする人が多いのですが・・・

    最近になって、歯科材料としてジルコニアを使う技術が確立shineしたため・・
    簡単に、丈夫で長持ちする白い歯を作れるようになり・・・
    我々歯科医も、自信を持って治療する事が出来るようになりましたdelicious

    従来は、セラミックやレジン樹脂を使ってたんですが、それぞれに大きな欠点がありました。
    レジンは安価で使いやすいのですが、質や色が悪く変色しやすい欠点があり・・
    何より科学的刺激が強いbombので、詰め物に使うと、数年後に神経がダメannoyになることあります。
    歯のためには、できれば使いたくない材料です。

    セラミックは色が綺麗で変色もなく、硬いので前歯にはいい材料goodですが・・・
    半面、脆くて容易に欠けやすいため、大きな力がdash継続的に加わる奥歯には不向きでした。
    ただ、セラミック以外に奥歯を白くする方法がありませんでしたから・・
    仕方なく、丈夫にするために厚く作ってました・・必然的に歯を削る量は多くなりますcoldsweats02

    そこで開発されたのがジルコニアです。
    今まで硬くて加工が難しく、複雑な形を作るのは不可能でしたが・・・
    技術の進歩で、加工が出来るようになりましたsign01

    もともとジルコニアは生体親和性がよく・・・
    チタンに次ぐ次世代材料として、インプラント人工関節への期待がある材料です。

    インプラント分野では、すでに次世代インプラントとして商品化されつつあります。

    歯の材料としては、体に優しい上に、歯のエナメル質と同等の硬さがあるため大変適していて・・
    金属のように、腐食して金属イオンが体に蓄積し、アレルギーを起こしやすくなったり・・
    レジン樹脂のような、科学物質による環境ホルモンの問題がありません。

    今、最も治療の材料として、安心して使用できる素材は・・セラミックとジルコニアですsign01
    歯に詰め物をする場合は、セラミックの強さで十分ですが・・・
    被せる時は、ジルコニアが最良です。
    生体親和性はチタンやセラミック以上で、強度は金属並み!・・しかも歯と同じ色ですから!

    コストダウンできれば、これ以上の材料はありませんhappy01

                              <博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
    一般歯科、口腔外科、
    インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

    インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!