• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    (山下ブログ)久しぶりに正中離開の症例

    先日、正中離開(前歯のすきっぱ)を気にされている方が相談に来られました。
    聞いてみると矯正や大きく削ってかぶせ物にはしたくないとのこと・・・。

    そんな時有効なのがダイレクトボンディングです。
    このブログでも散々取りあげていますが、ほぼ削らずプラスチックを盛り足すことで隙間を閉じてしまおうという治療法です。

    ただし、前歯の真ん中が開いている原因についても考えなければいけません
    例えば原因が舌で前歯を押す癖であったり、口呼吸であったりすることがあります。
    そんな場合、隙間を詰めてもそれらを治さないかぎり後々また開いてくる可能性があるのです。
    逆にその原因を取り除いて、適切な治療を行えばダイレクトボンディングを用いなくても隙間が閉じることもあります。

    ちなみにそんなダイレクトボンディングの一症例を・・・


    術前


    術後

    (写真が荒いのはご容赦ください)

    元々の歯並びやそれぞれの歯の形から、ほぼ削らないで治療する場合完璧にはなりませんが、
    かなり印象を変えることができます!

    博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
    一般歯科、口腔外科

    インプラント歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。
    インプラント義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!