• 092-411-4554
  • BLOG
    深江歯科クリニックブログ

    (山下ブログ)関連痛

    虫歯の痛みというとどのようなものを想像するでしょうか?

    冷たいものがしみるということを想像する方も多いと思いますが、

    虫歯でも冷たいものがしみるという症状だけなら、虫歯を削って埋めるという作業で済む場合も多いです。

    しかし、何もしなくてもズキズキする(自発痛)、夜も眠れない痛みとなってくると、神経の除去が必須になってきます。

    歯の神経の痛みは「内臓痛」に分類され、どこが痛いかわかりにくい痛みです。

    かつ強い痛みが出ている場合、他の場所が痛いように感じることがあります

    歯の神経の大元は「三叉神経」といって顔の広い部分に分布する神経です。

    これらは脳に入る前に一つになるので、強い痛みの場合神経が混乱して離れた場所に痛みを感じるのです。

    よく遭遇する例として上の親知らずの虫歯があります。

    患者様は下の奥歯が痛い、と言われるのですが、下の奥歯には大きな虫歯などは見られない・・・

    全体のレントゲンを撮ってみると上の親知らずが虫歯で崩壊している!という場合があります。

    ご本人は下の奥歯に痛みを感じられているのでにわかには信じがたいのですが、

    上の親知らずに麻酔をしてみると、痛みが嘘のように消える・・・ということで原因が確定します。

    このように虫歯の強い自発痛は場所の特定が難しい場合がありますので注意しましょう!

    博多駅から徒歩3分の深江歯科より>
    一般歯科、口腔外科、
    インプラント
    歯周病、顎関節症、難抜歯(親知らず)、審美、義歯など相談してください。

    インプラントや義歯のトラブルもお気軽にどうぞ!